ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から

千葉県習志野市の秋津団地の近くにある、障害福祉サービス事業所「花の実園」では、毎週水曜日の午前9時から、マルシェをオープンしています。

新鮮な季節の野菜や花々などが並び、サービス利用者たちがイキイキとスタッフとして働く場です。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から

種まきから販売までを体験

「いらっしゃいませ〜」。

花の実園の利用者たちの、元気な声が響きます。

毎週水曜日、朝9時から始まるポポロマルシぇでは、たくさんの利用者たちがそれぞれの特性を生かして活躍しています。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から
季節の新鮮野菜がずらり

このマルシェが始まったのは昨年7月。

以前は、施設前にあるテラスが街の人たちの交流スペースとして使われ、そのテラスの建物の中では、利用者たちが作った製品を販売していました。

昨年新型コロナウイルスの影響で思ったような活動ができなくなりましたが、変わらず「気軽に立ち寄ってほしい」という思いで、マルシェをオープンしたといいます。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から

四街道や習志野市谷津の協力してくれる農家と共に、種まきから収穫までを利用者も協力して行います。

かつ、仕入れから洗浄、選別、販売までの「畑から消費者へ」の一連をすべてここで行っています。

それぞれの動きは得意な利用者がそれぞれ受け持ち、みんなが個性を生かしながら楽しく運営できる方法を花の実園では模索しています。

「障害者は、助けてもらうだけではない。できることはやって、地域に貢献していく方法をいつも考えている」と、副園長の窪田正樹さん。

利用者がどれだけ時間がかかったとしても、地域の人に理解をしてもらいながら活躍の場を持つことを大事にしているといいます。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から
利用者さん手作りの「どこでもドア」は子どもたちに大人気

季節の新鮮な野菜が並ぶ

販売されているのは季節の野菜がメイン。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から

ジャガイモやニンジンなどスタンダードな野菜も並びますが、ジャガイモだけでもキタアカリ、アンデスレッド、メークインなど数種類がそろいます。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から

また、イタリアンレストランと提携しているというだけあって、バジルやルッコラ、アイスプラント、スイスチャードに赤キャベツなど、ちょっと珍しい野菜も安価で並び、料理好きなら興奮するラインナップです。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から

野菜は季節によって入れ替わり、7月はカボチャやエダマメなど、秋になるとダイコンなどが並びます。

そのダイコンも、赤大根など5種類ほどがそろうというのだから見逃せません。

利用者たちが種から育てている花々も、季節によってたくさんの種類が。

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から
丁寧に育てられた花の苗もお楽しみのひとつ

【習志野市】花の実園でマルシェがオープン!毎週水曜の午前9時から

販売側と消費者側の距離が近く、顔見知りで皆が気軽に言葉を交わしながら購入していくマルシェ、ぜひ足を運んでみたい。

花の実園「ポポロマルシぇ」
日時/毎週水曜、午前9時~午後2時ごろ
※なくなり次第終了
住所/千葉県習志野市秋津3-4-1
問い合わせ/047-451-3921

この記事を書いた人

編集部 橋本いくら

編集部所属 編集/記者。愛媛県出身。千葉の食べ物で一番好きなのはさんが焼き。完全に文化系のサブカル脳で生きてきましたが『リングフィットアドベンチャー』によって最近は筋トレに少しだけハマり中。でもツイッターが一番性に合います。★Twitter★@chiiki_ikura

編集部 橋本いくらの記事一覧へ

あわせて読みたい

このページのトップへ