ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

千葉市の新リーダー 神谷俊一市長「千葉市のこれから」

前任の熊谷俊人氏からバトンを受け継ぐ形で、今年3月から千葉市長を務める神谷俊一氏。市長が描く千葉市のビジョンや人柄を取材しました。

 

神谷千葉市長

神谷俊一(かみや・しゅんいち)

東京大学卒業後、旧自治省に入省。在ヨルダン日本国大使館、佐賀県農林水産商工本部新産業課長、佐賀市副市長を経て、2013年に千葉市経済農政局経済部長に就任。その後は経済や農業の振興を担う経済農政局長、15~18年、千葉市副市長を務める。21年3月から現職。

 

地方を元気にすることで足腰の強い国になる

私は、愛知県の知多半島の小さな町で生まれ育ちました。

年々寂しくなっていく町並みに、子どもながらに危機感を持っていて…。
「それぞれの自治体が活性化することが、この国の活性化につながる」と考えたのが、地方行政に興味を持ったきっかけです。

私が目指す千葉市の姿を一言で表すと「福祉を経済で支えるまち」

福祉は、国や県が定めた制度内でやれば及第点は取れるでしょう。しかし、地域ごとに必要な福祉サービスは異なりますし、それは自主財源でやらなくてはいけない。

老朽化が進み、エレベーターのない団地に住む高齢者は、買い物に行くのもひと苦労なんですね。
そういう方に向けて階段昇降サービスを提供しようと思うと、これは市の財源が必要です。

神谷俊一千葉市長は子育て支援も継続

 

そこで重要なのが、市内企業の支援や新たな企業立地、そして都市の基盤整備です。
市内の企業が元気になることで雇用が生まれ、千葉市に住む人も増えます。すると税収も増え、独自の福祉サービスを提供できる、福祉が充実すれば、住み続ける人も増える…という好循環が生まれます。

100年前には人口約3万4千人だった千葉市ですが、今では人口約98万人もの都市に成長しました。
やはりこれも、地域で雇用を生み出し、市外から多くの人が転入してきたことが要因。歴史的に見ても、千葉市の成長と雇用創出、経済の活性化は深く関係があるといえるでしょう。

厳しい状況にある子どもたちの支援も

 また、これまでも千葉市は子育て支援に注力してきましたが、私は「厳しい状況に置かれた子どもたちへの支援」に力を入れたいと考えています。

不登校の児童や生徒、発達障害のあるお子さんへの支援や、児童相談所によるきめ細やかな支援体制づくりでセーフティネットを強化したい。

具体的には、児童相談所に専門知識を持つ職員を増員し、ケースごとに最適な支援を行う、療育センターなど、発達障害の兆しのあるお子さんの相談窓口を分かりやすくする、不登校の児童を対象にした民間のフリースクールに一定の基準を設け、運営を支援するなどして、中身を充実させていく…。
さらに、「学び直し」の支援として、公立の夜間中学校を2023年に開校します。

 

千葉市を福祉と子育て支援の厚い、住みよいまちにすることで、足腰の強い都市をつくり、市民の豊かなライフスタイルを創っていきます。

千葉市の6区はそれぞれに特色があります。それらの魅力を市民の皆さんと一緒に磨き上げて、他市に自慢できる地域づくりを目指します。

市長ってこんな人

神谷市長の趣味は料理!

家族構成/妻、長男、次男 趣味/卓球、料理、山登り

 

■子どもの頃はどんな少年でしたか?

卓球少年でした。部活の延長でよく長距離を走っていましたね。
それもあって、大学時代や社会人かけ出しの頃はマラソン大会にもよく出場していましたよ。

 

■座右の銘は?

「一隅を照らす」です。「それぞれの立場で力を尽くすことで、周囲も明るくなり、輝きが広がっていく」という意味と捉えています。
地方行政に関わる上での考えをよく表している言葉です。

 

■得意料理は?

ミートローフです。といってもこねて焼くだけですが(笑)。
最近は減塩レシピにも挑戦中。千葉市が企業と食習慣の改善に向けた連携協定を結んでいまして、レシピの共同開発を行っているんです。
たまにSNSにアップしますが、コメントや「いいね」がもらえるとうれしいですね。

 

■千葉市の「推し」ポイントは?

一つが人工海浜のいなげの浜から見える海と富士山ですね。これは千葉市ならではの風景といえるでしょう。
もう一つはイチゴ。市内にたくさんの観光農園がありますが、一つの農園で多品種を栽培しているのが特徴的。
味も風味も異なるイチゴを1カ所で楽しめるのはスゴイことです!

 

この記事を書いた人

編集部 テラモト

WEB編集者。千葉市生まれ、千葉市在住のアラフォー。編集プロダクションなどを経て「ちいき新聞」編集部へ。甘いものとパンと漫画が大好き。私生活では5歳違いの姉妹育児に奮闘中。★Twitter★ https://twitter.com/NHeRl8rwLT1PRLB

編集部 テラモトの記事一覧へ

このページのトップへ