ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【佐倉・四街道】保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店で初めての保険相談を体験!

病気・ケガ・入院など、さまざまなリスクから自分と家族を守ってくれる「保険」。保険が大切なのはわかっているけれど、種類が多く、専門用語だらけでよくわからないから、ついつい後回しにしてしまっている…。

そんなモヤモヤは、頼れる近所の保険相談ショップに行けばすっきり解決するかもしれません! 佐倉市にある「保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店」では、生命保険・損害保険の新規加入や見直しのアドバイスを無料で行っています。

保険の相談ひろばLINK1
▲スーパーマーケットのベイシア佐倉店の1階に入店する、保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店。お買い物ついでにフラッと立ち寄りやすいのが魅力です。

ここのところ、新型コロナの流行などで社会情勢が不安定になっていることもあり、20代~40代の若い世代で、保険の新規加入または見直しを検討する方も多いのだそう。そこで今回は、20代女性の初めての保険相談の様子をレポートしてきました!

保険相談の様子と合わせて、保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店ならではの安心ポイントや、相談の予約方法までご紹介します。

20代の保険の見直し。今入っている保険は自分にとってベストなの?

保険の相談ひろばLINK2

今回保険相談に訪れたのは、中学生のときに両親が入れてくれた保険の見直しを検討しているというTさん(25歳・会社員)。相談にのってくれるのは、明るく気さくな雰囲気の店長・幡島里枝さんです。

初回の相談は、加入中の保険の内容確認に加え、家族構成・仕事・将来設計・保険に関する悩みなどのヒアリングから始まりました。

Tさんのようにすでに保険に加入している場合は、保険証券など保険の契約内容がわかるものを持参するのがベストですが、覚えている内容だけで相談してもOKだそう。

Tさんの保険に関する悩み

・今のところ使っていない保険に保険料を払い続ける意味があるのか悩んでいる。
・将来は結婚して子どもも欲しい。今後、学生のときに入った保険だけで十分なのか不安。
・そもそも保険についての知識がほとんどない…。

Tさんは現在、医療保険・死亡保険に加入していますが、加入したのは中学生のとき。幡島さんは「社会人として働いている今、必要な保険が変わっている可能性が高いですよ」と指摘します。

Tさんのように保険加入当時とライフスタイルが変化した人や、自分が入っている保険について詳しく知らないという人は、保険を見直したほうが良いケースが多いのだそうです。

保険についての知識がほとんどなくて…というTさん。今のTさんにとってどのような保険がベストなのか考えるために、保険の選び方のポイントや、保険の種類から教えてもらうことにしました。

「保険に入る目的」を考えて保険を選ぶ

保険の相談ひろばLINK3

保険を選ぶときは、期間・金額・目的の3つがポイントとなります。幡島さんいわく、このなかで最も大切なのは「保険に入る目的」です。

Tさんが現在加入している保険の内容を一緒に確認したところ、保険期間は終身で、保険料の金額も収入と照らし合わせて大きな問題はなさそうでしたが、肝心の保険に入る目的がハッキリしません。

保険に入ったのは学生時代ですが、社会人となった今、保険に求めるものはどう変わったのでしょうか?

Tさんは「病気やケガで働けなくなったときの保障は欲しいし、将来家族を持つことを考えたらどんな保険が必要になるのかが気になります。それに、そもそも保険の種類や仕組みもよくわかっていなくて…」と不安や疑問がいっぱいの様子。

「20代でそこまで考えられているのはご立派ですよ! それでは、まずは保険の種類や特徴を整理してみましょうか」と幡島さん。相談者の不安にとことん寄り添ってくれる姿勢が印象的です。

生命保険は4種類。見落としがちなリスクとは?

保険の相談ひろばLINK4

さまざまな種類のある生命保険ですが、大きく4つの種類に分けられます。

1.医療保険
2.介護保険
3.学資保険・年金保険(貯蓄型)
4.死亡保険

このなかでTさんが加入しているのは医療保険と死亡保険で、「今は独身だし親も現役で働いているので、死亡保険は本当に必要なのかな?と悩んでいます」とTさん。

養う家族がいない場合は不要に思える死亡保険ですが、万が一の場合のお葬式やお墓にかかる費用も考えなければなりません。「葬儀費用として200万円はみておいたほうが良いです。家族の負担を考えるなら、独身でも死亡保険がいらないとは必ずしも言えないんですよ」と幡島さんがアドバイス。

介護保険は、中高年になってから入る保険だとTさんは考えていました。しかし、若い世代でも事故や病気の後遺症などで要介護状態となり働けなくなったとき、医療保険では保障できない場合も。それをカバーしてくれるのが介護保険だということも教えてもらいました。

将来は子どもが欲しいというTさん。すでに子どもの教育資金に充てるための貯金を始めているそうですが、幡島さんによれば、教育資金を貯金するなら学資保険を視野に入れても良いとのこと。

学資保険は、子どもの教育資金を準備するための貯蓄型の保険です。学資保険のメリットは、親(契約者)に万が一のことがあった場合でも、それ以降に支払う保険料が免除となり、保険金をしっかり受け取れること。保障がある学資保険のほうが貯金より安心、と考えるお母さんも多いのだそうです。

「独身の私でも、実はさまざまなリスクが潜んでいるんですね…。将来の子どもの学費のことも含め、とっても勉強になりました」と、徐々に保険に対する具体的なイメージが掴めてきたTさん。

ただし、どれも大切な保険に思えるものの、実際のところ4種類全ての保険に入る人は少ないのだそう。そこで、今の自分にとって特に必要な保障は何か、優先順位をつけてみることにしました。

自分に必要な保険は?優先順位をつけてみよう

幡島さんの説明やアドバイスをもとに、4種類の保険に優先順位をつけ、シートに記入しながら考えていきます。

保険の相談ひろばLINK5

Tさんがつけた順位は、1位が介護保険、2位が医療保険、3位が学資保険、4位が死亡保険でした。

「医療保険だけでなく、要介護状態になってしまったときの保障も大切だと思いました。それに、将来子どもを持つなら今から学資保険を検討してみてもいいのかも。とはいえ、まだ独身なので、このなかでは死亡保険の優先度はやっぱり低いかな…」

このうち、現在加入しているのは2位と4位の保険。自分にとって最優先すべき保険には入っておらず、逆にもっとも優先順位の低い保険に入っていたのです。

幡島さんは「Tさんのように改めて考えてみた優先順位と現在の保険の内容にズレがある場合、保険の見直しを検討するのがおすすめです。逆に、優先順位にぴったり合っている保険であれば、継続したほうが良いですね」と言います。

実際に必要と考えられる保障金額を算出し、初回相談は終了です。次回の相談では、Tさんの求める内容にぴったりな保険商品の提案を受けることに!

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店では、生命保険会社12社・火災保険取り扱い会社6社・自動車保険取り扱い会社8社のなかから、自分に合った保険を紹介してもらえます。

保険のモヤモヤがすっきり! 勧誘もなく安心して相談できました

保険の相談ひろばLINK6

最後に、優先順位を記入したシートや資料をいただきました。「次回の相談までの間、保険についてじっくり考えてみてくださいね! 気になることやわからないことがあれば、いつでも連絡してください」と幡島さん。

雑談も交えつつ、和やかな雰囲気のなか行った約1時間の保険相談で、すっかり打ち解けた様子の2人です。

Tさんに感想を伺うと「まず、保険について勉強できたのが一番の収穫です! 知識不足の私にも、親身になって保険のことを一から教えていただきました。紙に書き出すことで自分の中での優先順位を整理でき、これでいいのかな?とモヤモヤしていた気持ちがすっきりしましたね。無理に加入を勧められる雰囲気でもなく、安心していろいろな悩みや不安を相談することができました。女性同士だから話しやすいのも大きかったです」と笑顔で話してくれました。

保険の相談ひろばLINK7
▲新規ご相談の方にはプレゼントも用意しています!

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店の地域密着型店舗だからこその魅力

保険の相談ひろばLINK8

地域に密着した保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店は、初めての保険相談でも安心な4つのポイントがあります。

初めてでも安心のポイント1:女性のスタッフが中心

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店は、女性のスタッフが多いのが特徴。楽しくお喋りするような雰囲気で、初めてでも緊張せずに相談できます。

初めてでも安心のポイント2:相談は全て無料

保険相談は平均2~3回行いますが、何度相談しても費用はかかりません。保険に関する相談なら、些細な疑問や悩みなどなんでも聞いてくれます!

初めてでも安心のポイント3:無理な勧誘なし

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店では、無理な勧誘は行っていません。見直しを検討している場合、今入っている保険がベストだと判断したら、継続することをおすすめしています。

初めてでも安心のポイント4:アフターフォローが充実

地域密着型の店舗だからこそ、きめ細やかなアフターフォローを行っているのも特徴です。年に1度、保険に関して困ったことやわからないことがないかうかがい、給付漏れの相談や、引っ越しする際の住所変更手続きなどもサポートしています。

ぬり絵大会など地域交流イベントも随時開催中

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店では、地域に根差した店舗だからこそできる、地元の方との交流を深めるワークショップや似顔絵イベントを定期的に開催してきました。現在、これらのイベントは感染予防のためお休み中ですが、子ども向けぬり絵イベントは大好評開催中です。

保険の相談ひろばLINK9

30回近く開催されてきたぬり絵イベントには毎回300~400枚ものぬり絵が集まるなど、地域の子どもたちから大人気。クリスマス・お正月などのイベントごとに登場するぬり絵は、店頭で配布されています。

入賞すると店頭にぬり絵が貼り出され、プレゼントがもらえるため、お子さんも大喜び! 「スーパーでのお買い物ついでに立ち寄って、どんどん参加してくださいね」と幡島店長。

ぬり絵大会を含む今後のイベントの開催予定は、公式HPにて随時アナウンスされます。

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店で保険相談を受けるには?

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店では、飛び込みの保険相談も受け付けていますが、予約優先のため、事前に予約するのがおすすめです。

保険相談の予約は、フリーダイヤル(0120-168-206)または下記のお問い合わせフォームから。もちろん、直接店舗に来店して予約することもできます。

気になっていた保険の悩みや不安は、通いやすく信頼できる地元の保険ショップで一掃してみては?

保険の相談ひろばLINK10
▲保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店では、気さくなスタッフとともにかわいい熱帯魚がお出迎えします。

保険の相談ひろばLINKベイシア佐倉店

住所/千葉県佐倉市寺崎北6-1-1(ベイシア佐倉店1階)

アクセス/JR佐倉駅から徒歩約15分(約1km)

営業時間/10:00~20:00

電話番号/ 043-483-5001

フリーダイヤル/ 0120-168-206

■HP

https://hokensoudan-hiroba.com/shop/sakura/

■お問い合わせフォーム(チイコミ!内)

https://chiicomi.com/hokennohiroba-beisiesakura/

■チイコミ!店舗情報ページ

https://chiicomi.com/shop/1622976/

関連するキーワード

この記事を書いた人

小原らいむ

柏生まれ柏育ち。植物・動物が好きなライター兼ダンサーです。趣味は飼っている黒柴犬との散歩&旅行。ガーデニングをお得に楽しむ方法を紹介するブログ「LIMEGREEN(ライムグリーン)」も運営中。★Instagram★@ohalimegreen

小原らいむの記事一覧へ

あわせて読みたい