ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【公園レビュー】GWは幕張海浜公園で思いっきり外遊び!広大な敷地で子連れピクニックやバーベキューを楽しもう

暖かくなり、公園で思いっきり外遊びがしたくなる季節がやってきました!

今年のゴールデンウイークは何をしようかと考え中の皆さん、千葉市美浜区にあり、千葉県内でも広大な敷地を誇る「県立幕張海浜公園」はいかがでしょう?

ブロックごとの見どころから子連れの注意点、周辺のおすすめグルメ情報まで詳しくレビューします!

※外出時は密を避け、感染症対策を徹底しましょう。

Aブロック 3つの広場と木々に癒される遊歩道

初めまして、今回からチイコミで記事を執筆することなったいちごと言います。5歳の長男、2歳の長女の子育てに日々奮闘しているママライターで、夫がお休みの日には子どもたちを連れて公園遊びや、道の駅巡りなどを楽しんでいます。

今回は外遊び大好き、いつもエネルギーを持て余している子ども達と「県立幕張海浜公園」に行き家族で遊んできました。

「県立幕張海浜公園」は幕張新都心の中心部に位置し、管理の行き届いた多くの木々や花、そして広大な海が広がっています。

大きく分けると、子どもが遊べる遊具、バーベキュー施設、ピクニックが楽しめる広場などがあるA~Cブロックと、海岸沿いに広がるD~Gブロックに分かれています。

今回の記事ではA~Cブロックについてご紹介します! 公園内はとても広いので、目的に合わせて遊ぶ場所と駐車場をチェックしておきましょう♪

また、トイレもブロックごとに完備されています。

海浜幕張駅から北側に広がるAブロックには「出会いの広場」「芝生広場」「創作の広場」と3つの広場があり、それぞれの広場を遊歩道がつないでいます。

【公園レビュー】幕張海浜公園で思いっきり外遊び!広大な敷地で子連れピクニックやバーベキューを楽しもう

こちらは「出会いの広場」、この広場の中央には円形の噴水があり、決まった時間になると噴水が出るようになっています。

噴水の出る時間
9:00~、10:00~、11:00~、13:30~、15:00~、16:30~ 
※それぞれ15分間、12:00~13:00のみ1時間
注:水遊びなど、中に入って遊ぶことはできません

【公園レビュー】GWは幕張海浜公園で思いっきり外遊び!広大な敷地で子連れピクニックやバーベキューを楽しもう!

こちらはレクリエーションの場として利用されることも多い「芝生広場」。

整備された芝生が広がるこの広場では、レジャーシートを広げてピクニックをしたり、バドミントンをしたりと、外遊びにピッタリです。

【公園レビュー】GWは幕張海浜公園で思いっきり外遊び!広大な敷地で子連れピクニックやバーベキューを楽しもう!

そしてAブロック最後、「創作の広場」。

ベンチも多く設置されており、レジャーシートなど大きな荷物を持ってこられない方はここでお弁当を食べるのもオススメです。

Bブロック 子ども連れにおすすめの遊具が充実!バーベキューも楽しめる

海浜幕張駅の南側に広がるBブロックには、遊具が充実した「わんぱく広場」、バーベキューができる「にぎわいの広場」、公園内のシンボルである四季折々の花に彩られた「花時計」のある「大芝生広場」があり、休日には多くの家族連れでにぎわっています。

5歳と2歳の子どもがいるいちご家、今回はこのBブロックを中心に遊んできました♪

まず、Bブロック最寄りの駐車場に到着。

料金は8時間600円です(A~C各ブロックの駐車料金は末尾の料金表参照)。

海浜幕張駅の南側に広がるBブロック

車から降りてまず見えてきたのは緑あふれる遊歩道。

早速子ども達はテンションマックスで走り出します!

この遊歩道、今回の取材時にはシジュウカラやキジバトの鳴き声が聞こえてきて、最近動物に興味を持っている5歳の息子は大喜びで鳥の姿を探していました。

賑わいの広場

ゆっくりBブロック内を散歩しながらお目当ての遊具のあるわんぱく広場へ向かっていくと、次に見えてきたのはバーベキューができる「にぎわいの広場」。

次回はぜひバーベキューにもチャレンジしようと思います!

【公園レビュー】幕張海浜公園で思いっきり外遊び!広大な敷地で子連れピクニックやバーベキューを楽しもう

さらに遊歩道を進み、公園のシンボルともいえる「花時計」のある「大芝生広場」に立ち寄りました。

この日は丁度桜が見ごろ。色とりどりの花時計と、桜のコラボレーションがとても美しかったです。

わんぱく広場の最初の写真

そしてようやくお目当ての遊具のある「わんぱく広場」に到着!

子ども達が大喜びの大型の遊具がずらりとならんでいます♪

【公園レビュー】幕張海浜公園で思いっきり外遊び!広大な敷地で子連れピクニックやバーベキューを楽しもう

定番の滑り台。

ちょっと変わったうんてい

ちょっと変わったうんてい。息子はちょっとひるみながらも果敢にチャレンジ!攻略ならずでしたがぶら下がって遊んでいました。

かわいいラッコの遊具

座って前後に揺らす遊具。1人乗りはよく見かけますが、ちょっと珍しい3人乗り。

娘と息子一緒に遊べるので、いつも兄に置いていかれがちな娘が喜んでいました。

ここで子どもたちが夢中で遊んでいる間、夫にお任せして私はある場所へ向かいます(どこへ行ったかは最後に…)。

Bブロックにはバーベキュースペース、たくさんの遊具、広大な芝生があり、ここだけでも1日遊べます!

バーベキュー情報
千葉県立幕張海浜公園バーベキューガーデン
営業期間/2021年3月20日(土)~2021年11月28日(日)
休業日/月曜日(祝日の場合は翌日)
※公園が閉園の場合はバーベキューガーデンも休業
※前日17時までに予約がない場合は休業
営業時間/土日祝日→1部 11:00~14:00/2部 15:00~18:00、平日→1部 11:00~15:00
プラン料金:

手ぶらバーベキュープラン 大人 2,780円(税込3,058円)/1名~
小学生 1,480円(税込1,628円)/1名~
食材持込プラン 大人平日 1,000円(税込1,100円)/1名
大人土日祝日 1,200円(税込1,320円)/1名 
小学生終日 500円(税込550円)/1名
スクールプラン
※平日限定
低学年向けスクールプラン
小学生1,230円(税込1,353円)/1名 10名以上
高学年・中高生向け向けスクールプラン
小学生2,000円(税込2,200円)~/1名
大人2,500円(税込2,750円)~/1名 

注意:※大人=中学生以上 小学生未満無料。※2名より予約可。
◆お席の必要な幼児様は小学生料金に含めご予約下さい。
◆複数の部をご利用の場合は部ごとに料金が発生します。
◆時間延長希望の際は、当日スタッフにご相談ください。

詳しくはこちらのHPをどうぞ→https://digiq.jp/makuhari/

Cブロック 数奇屋造りの茶屋と日本庭園 授乳室、おむつ替えはパークセンターで!

Bブロックの南側、車道を挟んで海側に位置するCブロックには「日本の伝統的文化を表現し、接してもらうこと」を目的としてつくられた日本庭園「見浜園(みはまえん)」が広がっており、庭園内には数奇屋造りの茶室「松籟亭(しょうらいてい)」もあります。

幕張海浜公園のパークセンター(管理事務所)もこのCブロック内にあり、パークセンターのスタッフさんに声をかけると授乳やおむつ替えのためのスペースを借りることができます。

では園内の紹介をしていきます。

幕張海浜公園のパークセンター

こちらはBブロックからCブロックへ渡る橋。ブロック間は車道を挟みますが、橋が架かっているのでベビーカーでも移動は安心。

見浜園

こちらが案内図、Bブロックからつながる橋を渡るとまずパークセンターが見えてきます。

こちらはパークセンター内で授乳のために借りることができる休憩スペース。

見浜園

園内に授乳室はここだけなので、利用希望者が多い場合は譲り合って使用しましょう。授乳ケープもあると安心だと思います。

見浜園

パークセンターを過ぎると日本庭園への入口が見えてきます。

入園料は大人100円! 入口側の池には鯉が泳いでいました (有料で餌やりも可能、但し数量限定なので注意!)。

見浜園 見浜園

中には本格的な美しい日本庭園が広がり、池の奥には数奇屋造りの茶室「松籟亭(しょうらいてい)」が。

「松籟亭(しょうらいてい)」

ここでは抹茶と和菓子もいただけます(600円)。日本庭園を眺めながらお茶、優雅な時間を過ごせそうですね♪

紅葉の木も見かけたので、秋に行くとまた違った風情を感じられそうでした。季節の木々、水、石などを用いて自然を美しく表現する日本の伝統文化、日本庭園をなんと100円で楽しめます。

日本庭園「見浜園」
開園時間/8:00~17:00(入園は16:30までとなります。)
入園料/大人100円、小中高校生50円(義務教育学校前期・後期課程含む)
※年齢65歳以上の方は、身分証明書をご提示により入園料が無料になります。障がい者(身体障がい者、知的障がい者または、精神障がい者)の方及びその介護者の方は、障がい者手帳をご提示により、入園料が無料になります。
休園日/12/29~31
その他、繁忙期(4.5.10.11月)を除き定休日有り、定休日は事前にお問い合わせください。

本当は秘密にしたいテイクアウト情報 パン屋「Lazy Afternoon」

最後にピクニックに最適! とっておきのテイクアウト情報を紹介します。

今回ご紹介するのはパン屋「Lazy Afternoon」さん。

パン屋「Lazy Afternoon」

Bブロックの遊具に夢中な子どもたちを夫に託して意味ありげに抜け出していたいちごが向かった先はこちらです。
場所はBブロックのわんぱく広場から徒歩5分ほど。

店内にはおいしそうな焼きたてのパンがずらりと並んでいます!

パン屋「Lazy Afternoon」

今回買ったのはこちら♪

パン屋「Lazy Afternoon」

カツサンド(400円)。しっとり食パンにカツと野菜がぎっしりで間違いないおいしさ!

パン屋「Lazy Afternoon」

ガツンと焼肉ドッグ(324円)。甘辛の焼肉のタレがたまりません。

パン屋「Lazy Afternoon」

クリームフランス(194円)! 生地はもちもち、クリームの甘さとコクが最高です!

この他にもクリームパンやチョコデニッシュパンを購入しましたが、写真に収める前に子どもたちのお腹に消えました。

本当にどれを買ってもハズレなしのパン屋さんです♪

唯一の注意点は買い過ぎてしまうこと!

Lazy afternoon
営業時間/平日 10:00〜19:30、土日祝 8:00〜19:30 (完売にて閉店あり)
住所/千葉県千葉市美浜区打瀬1-2-3 セントラル・パークウエストA
電話番号/043-307-3055
Instagram/@lazyafternoon7

まとめ

今回ご紹介した幕張海浜公園は駐車場がブロックごと に完備されており、駅近とアクセス抜群。広大な敷地の中で密を気にせず、思いっきり家族で体を動かすことができました。手ぶらで気軽にバーベキューも楽しめるので、ゴールデンウイークにもぜひ足を運んでみてください♪

 今回使ったお金(家族4人)
 ・駐車場代600円
 ・昼食代1690円
 ・見浜園入園料100円(子ども達はわんぱく広場から動かず私のみ入園)
 ・合計2390円

 歩いた歩数
 ・今回取材で園内を1周した際の歩数は9755! 1万歩までもう少しでした!

 子連れの注意点
 ・園内は広いため遊ぶ場所を絞って、近い駐車場をセレクトしましょう
 ・オムツ替え、授乳室はCブロックにあるパークセンターで!
 ・赤ちゃん連れは簡易テントや授乳ケープがあると安心してゆっくり遊べそうです

幕張海浜公園
住所/千葉県千葉市美浜区ひび野2-116
アクセス/電車:JR京葉線「海浜幕張」駅南口から徒歩約10分。
自動車:東京方面より→東関道「湾岸習志野IC」を出て国道357号を直進し中瀬交差点を右折、メッセ交差点を左折。
千葉方面より→東関道「湾岸千葉IC」を出て国道357号を直進し、若葉交差点を左折、ひび野二丁目交差点を右折。

駐車場 台数 営業時間 利用料金
Aブロック 普通車63台 24時間(年中無休) 土日祝日/8時間以内600円、以後1時間に100円加算(機械式料金徴収)
平日/一日最大600円、以後日をまたぐごとに600円加算(機械式料金徴収)
Bブロック 普通車92台 24時間(年中無休) 8時間以内600円、以後1時間に100円加算(機械式料金徴収)
Cブロック 普通車46台・内1台は障がい者スペース(障がい者手帳の提示により駐車料金が無料となります。) 7:30~21:30まで開場、入場は21:00まで(年末休業12/29~31) 8時間以内600円、以後1時間に100円加算(有人料金徴収)

お問い合わせ(A・B・Cブロック)
TEL/043-296-0126
FAX/043-296-0128
(パークセンター管理事務所 9:00~17:00 )

公式HP/https://www.seibu-la.co.jp/makuhari/

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、施設等が閉鎖の場合があります。利用にあたっては、最新の情報をご確認ください。

関連するキーワード

この記事を書いた人

いちご

習志野市在住。二児の母。趣味は食べること、マンガ、アニメ。マンガ系メディアでも記事を執筆しています。

いちごの記事一覧へ

あわせて読みたい