ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

働く自信がない人や、自分の適職がわからない人へ 多彩なプログラムで仕事への意欲が育ち、力も身につく ちば地域若者サポートステーション

今、「人間関係が不安で、働く自信がない」「自分の適職がわからない」「職歴がなく、働けるかどうか不安」などの悩みから、仕事に就くことができずにいる人は少なくありません。

そのような人が自立するためにバックアップしてくれるのが、「ちば地域若者サポートステーション」(通称ちばサポステ)。多彩なプログラムや面談を通して、就業に悩む人やその家族をサポートしています。

働きたい人やその家族を支える「ちば地域若者サポートステーション(ちばサポステ)」とは?

ちば地域若者サポートステーション(ちばサポステ)は、千葉市美浜区に拠点を置く厚生労働省委託・千葉県委託の就労支援施設。利用料は無料で、15歳から49歳までの、就労に対する悩みを持つ人や、その家族をサポートしています。

ちば地域若者サポートステーション

対象者
・原則として、15歳から49歳までの、現在仕事や学業に就いていない人とその家族または保護者(定時制・通信制高校に在学中の方も可)

 

ちばサポステには、キャリアコンサルタントや臨床心理士といった専門家が在籍し、一人ひとりの状況に合わせながら、就業に不可欠な力を身につけ、自信を持って新たなスタートを切るための支援を行っています。

地域若者サポートステーションは全国にありますが、なかでもちばサポステの特徴は、多彩なプログラムが用意され、きめ細かいサポートを行っているところです。同施設の活動内容について、キャリアコンサルタントのKさんに教えてもらいました。

ちば地域若者サポートステーション
ちば地域若者サポートステーション
キャリアコンサルタント Kさん

生活管理からコミュニケーション、適性など、仕事につながることは何でも相談できる

―ちばサポステには、具体的にどんな悩みを持って相談に来る方が多いのでしょうか。

 職歴がなかったり、過去の職場の人間関係に悩んだりした経験から「働く自信がない」という悩みをお持ちのことが多いですね。また「自分に合う仕事がわからない」「何がやりたいのかわからない」という方もおられます。

―そうしたお悩みに対して、ちばサポステではどんなサポートをしてくださるのですか?

 個人面談とグループでのプログラムを中心に、就労支援を実施しています。個人面談は、キャリアコンサルタントや臨床心理士を含む専門相談員が対応。一人ひとり、安定して仕事をしていくための段階が違うので、まずはそこをヒアリングしながら、今後の方向性を決めていきます。

職業準備性ピラミッド

 「職業準備性ピラミッド」で見ると、たとえば健康管理ができていないステップ1の人が、いきなりステップ5の職業適性について考えるのは現段階では難しいでしょう。ステップ1や2の人なら「セルフメンテナンス」や「発声」などのプログラムを受け、まずは生活のベースを整えることをおすすめしています。

個人面談専用室
個人面談専用室

その後、自分の目標が定まって進路を考える段階になったら、キャリアコンサルタントがアドバイス。また就職活動をする中で、心理的に疲れたときなどは臨床心理士が対応します。

―ちばサポステのプログラムには、どんなものがありますか?

 面接対策、企業研究、PC講座、ビジネスマナーなどさまざまなものがあります。複数の企業と連携し、企業内にて行わせていただく職場体験も行いながら、就職に対するイメージを掴めるようなサポートもしています。

プログラムを受けるペースは自由で、毎日来られる方もいれば、週1回だけ来られる方も。プログラムを受けながら、月2回の面談を行い、前の2週間を振り返りつつ、次の2週間の方向性を決めていきます。

半年後、1年後の目標を立てたら、そのために5、4、3、2、1カ月後にどうすればいいのかを検討し、さらに明日、明後日に何をするかを考え、行動していくことが大切です。こうしたスモールステップを一緒に考え、実践するためのサポートをしていきます。

ビジネスマナーのプログラムの一コマ
ビジネスマナーのプログラムの一コマ

―代表的なプログラムについて詳しく教えてください。

 「面接対策」は、面接で聞かれやすい、志望動機、自己PRなどの中からまずテーマを1つに絞ります。例えば志望動機なら、面接官がそれをたずねる狙いや意図は何かを探ります。それを踏まえた上で、どのように攻略していくかをみんなで考えていきます。

その後、応募者役、面接官役、観察者役を決めて模擬面接を行い、応募者役の人は、面接官役や観察者役の人からフィードバックをもらいます。プログラムは多くて6〜7名が参加するので、いろんな人の意見を聞きながら自分で考えを組み立て、発言していく力がつきます。

―知識を教わるだけではなく、人の意見を聞いたり、自分で考えたりする機会があれば、スキルがより磨かれますね。

 そうですね。講師からも一般的な知識はアドバイスしますが、その上でみなさんに調べて考えてもらうことを大切にしています。

面接対策を続けるうちに、模擬面接での態度や声の大きさ、話す内容がどんどん良くなる人もいて、継続は力なりを実感しています。

「企業研究」は、就職活動に欠かせない企業研究を、業界別などに焦点を絞り込みながら行います。また働き方には正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなどさまざまありますが、それぞれのメリットやデメリットも考えていきます。

「ビジネスマナー」は求人情報の探し方や応募時の電話のかけ方、応募書類の作成方法など、実際の就職活動で活かせるスキルを身につけます。身だしなみや挨拶、接客方法など、ビジネスシーンで必要になるマナーを学べます。

「PC講座」はWord、Excel、PowerPointなどのOffice系ソフトについて、基礎的な操作から学びます。その後、自学でMOS習得レベルを目指して学習していきます。

相談の流れ

1)予約

電話、メール、または問い合わせフォームから予約していただきます。

2)オリエンテーション 

ちばサポステの説明や使い方、ルール、決まりごとなどをお話し、登録するかどうか決めていただきます。

3)個人面談 

困りごとや、今後どうなっていきたいかをヒアリングし、一人ひとりに合った解決法を探ります。

4)就労支援プログラム

PC講座、面接対策、ビジネスマナー、企業研究など就業活動に直接関わるもののほか、アートや発声、運動など、仕事生活や人生の土台をつくる独自の内容も。

5)就職活動

基本的にはハローワークや求人サイトを利用して自分で仕事を探し、就業活動を行っていただきます。サポステの職業体験などを通して就業先が見つかることも。面接や自己PRのコツもサポステで学べるので安心です。

6)就業後のフォロー

就業後も個人面談を受けることができ、仕事を続けていくための相談をしていただけます。

面接対策や企業研究だけではない、多彩なプログラム・イベント

―ちばサポステでは独自のプログラムも多く実施されているそうですね。

 面接対策など就職活動に直接的に関わるプログラムのほかに「仕事をするということ」について根本から見つめ直したい方のためのプログラムも幅広くご用意しています。

例えば心と体に元気がわいてくる「ツボ刺激」や「ストレッチ」、自律神経が整いリラックス効果も得られる「ヨガ」など就活に向けた準備運動といえるプログラムも豊富にあります。

「発声練習」のプログラムは、現役の舞台女優が指導。就職活動にも役立つ、はっきりとした声で気持ちを伝えることに重きを置いた講座を行っています。

コミュニケーションスキルを養うためのプログラムでは、ゲームやレクリエーションなどを通じて相手の話を聞く・自分の意見や考えを相手に伝える練習などを行います。

「Artな時間」は、“第二の脳”といわれている指先を使い、脳トレーニングの一環として、絵を描いたり、折り紙で季節感のある作品を制作することを楽しみます。

「Artな時間」のプログラムに参加した人たちの作品
「Artな時間」のプログラムに参加した人たちの作品

「就活に役立つ心理学」では、認知行動療法をはじめ、ストレスとの上手な付き合い方を学習します。カードゲームを活用した自己表現方法の学習は、ちばサポステならでは。

「就活に役立つ心理学」で用いられるカード。肩書きや属性を外した素の自分が見えてくる
「就活に役立つ心理学」で用いられるカード。肩書きや属性を外した素の自分が見えてくる

また「職業人講話」は企業に勤める方をお招きし、仕事内容ややりがいなどの話をしていただくプログラムです。

「OB/OGとの交流会」も行い、サポステの支援を通して現在就労されている方と交流します。テーマに沿った討論会や日常で起こった些細な出来事の報告などを行い、対人スキルや発想力アップを目指します。

―本当に多彩なプログラムがあるのですね!

 プログラム内容は毎月ホームページでも告知されており、月によって新しいプログラムが追加されることもあります。

例えば2021年8月からは「日常英会話」のプログラムを実施しています。講師を務めるのは、海外勤務の経験者。英語が苦手な方はもちろん、参加者が楽しく気軽に英語に触れられる環境を用意し、外国語を学びながらコミュニケーション能力アップにつなげています。

―年間を通じて保護者相談会や企業説明会なども行っているそうですね。

  はい。そのほかにも、ミニ畳を作るものづくり体験やブルーベリーを収穫する農業体験、アロマスプレーを作るワークショップなど体験型のイベントも定期的に開催しています。また月1回のペースでサテライト相談も実施。ハローワーク千葉駅前プラザ、八千代市役所、四街道市総合福祉センターの3カ所で、専門の相談員が無料で出張相談を行っています。ちばサポステがある千葉市美浜区まで足を延ばしづらい方にはおすすめです。

農業体験の記念写真
農業体験の記念写真

「職業体験から正社員に」「憧れの業界に就職」就職への一歩を踏み出した利用者さんの事例

―ちばサポステに登録して、実際に就職された方はどのくらいいるのですか?

 令和2年度は123人の人が登録し、アルバイトも含めて61名が就業されています。コロナの影響で就業率が落ちていますが、例年はもう少し高い数値が出ています。

―就業につながった事例を教えてください。

 お一人目は、職場体験から就職につながったケースです。30代・大学卒業の男性で、職歴は学生時代のアルバイト経験。サポステは2年間利用されました。最初は「就職活動のために何をしたらいいかわからない」とお悩みでしたが、毎日通所し、プログラムに参加しながら、ご自身でもハローワークなどを通じて求人情報を検索。

コロナの影響で一時は気力が落ちましたが、ご本人がやる気を再燃し、サポステプログラムの一環である職場体験に参加されたことで働く自信をつけ、面接を受けて正社員として就職されました。

―実際に働く環境や仕事内容を経験したことで自信をつけ、行動につなげられた結果ですね。

「職場体験」から就職先を見つける人もいる
「職場体験」から就職先を見つける人もいる

 もうお一人は、自力で就職活動をし、好きな分野の仕事に就いた方のケースです。30代・高校卒業の男性で、正社員として10年以上の職歴がありましたが、職場の人間関係で退職。ちばサポステには「やりたいことを見つけたい」と来所されました。

いろいろなプログラムに積極的に参加しながら、職員や利用者とも会話して自己を見つめた結果、本当に自分のやりたいことを見つけその業界への就職を希望。ご自身で求人情報を探し、正社員として就職されました。

―自分の関心を掘り下げ、積極的に行動したことが実を結んだのですね。好きな分野で就職されたとは、夢がふくらみますね。

誰かとつながることで、解決策が見えてきます
一人で悩みを抱え込まず、まずはご相談を

Kさんをはじめ、ちばサポステのスタッフの皆さんはとても気さくで話しやすい雰囲気でした。プログラム中も発表を強制されるようことはなく、和気あいあいとした授業の中で、その時にできることを無理なく行いながら、スキルアップを目指していける印象です。

Kさんからは「助けを求めるのは難しいかもしれませんが、まずはどこかとつながることで、解決策が見えてくるはず。ひとりで抱え込まず、ぜひ相談してください」とのことでした。第三者と会話することで、新たな自分の長所に気づく人も多いそうです。

ちばサポステではブログも運営しています。職場見学や体験型イベントなどのレポート、各イベントの詳細も発信されているので、活動内容やスタッフの人柄などをより身近に感じることができるので、チェックしてみては。

就職あるいは働くことについてお悩みのみなさん、一度ちばサポステに行ってみませんか。

保護者相談会 

働くことに悩みを抱える15〜49歳までの無業者の保護者を対象とした相談会です。

2021年
◆10月8日(金)13:00〜16:00
場所:ちば地域若者サポートステーション内
◆10月29日(金)13:00〜16:00
場所:千葉市中央区社会福祉協議会 ボランティア活動室1-2
◆11月12日(金)13:00〜16:00
場所:ちば地域若者サポートステーション内
◆12月3日(金)13:00〜16:00
場所:八千代市市民会館 2階 第5会議室
◆12月10日(金)13:00〜16:00
場所:ちば地域若者サポートステーション内

2022年
◆1月14日(金)13:00〜16:00
場所:ちば地域若者サポートステーション内
◆1月 日時未定 
場所:四街道市内
◆2月3日(木)13:00〜16:00
場所:千葉市緑区社会福祉協議会 大会議室
◆2月4日(金)13:00〜16:00
場所:ちば地域若者サポートステーション内
◆3月11日(金)13:00〜16:00
場所:ちば地域若者サポートステーション内
◆3月17日(木)13:00〜16:00
場所:千葉市若葉区社会福祉協議会 大会議室

費用無料・予約制

ちば地域若者サポートステーション
問い合わせ/043-351-5531
相談の予約は、電話またはHPの問い合わせフォームから
HP/https://chibasapo.jp/
住所/千葉県千葉市美浜区幕張西4-1-10 ちば仕事プラザ内
受付時間/9時~16時
休館日/日曜、月曜
駐車場/70台(無料)
アクセス/車の場合:
<木更津・千葉方面から>国道14号を東京・船橋方面へ進み、幕張1丁目交差点(ニトリ幕張店が目印)を左折。240mほど直進し「ちば仕事プラザ」の看板が見えたら左折(ピラミッド型の建物が目印)。<東京・船橋方面から>国道14号を木更津・千葉方面へ進み、幕張1丁目交差点(マクドナルドが目印)を右折。240mほど直進し「ちば仕事プラザ」の看板が見えたら左折(ピラミッド型の建物が目印)。

この記事を書いた人

野中真規子

フリーライター歴20年。取手市出身。2021春に東京から我孫子市に移住し、手賀沼周辺の水辺や豊かな緑、遺跡、史跡、ユニークな個人商店などに囲まれた生活を満喫中。スパイスと魚影、日本語ROCK、RAP、民族的デザイン、音楽、祭り好き。https://makikononaka.com/

野中真規子の記事一覧へ

このページのトップへ