ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

梨の名産地・千葉で生まれた新品種「秋満月(あきみつき)」

2021年秋、千葉県から新しい梨「秋満月」が待望のデビュー!

千葉県で梨の新品種が誕生するのは約20年ぶり。

おなじみ「幸水」「豊水」の時期が過ぎた、9月中旬から味わえます。

 

秋満月はこの秋デビュー

▲千葉が誇る新ブランド「秋満月」

大きくて甘い、いいとこどりの品種

千葉県は、栽培面積、収穫量、産出額ともに、全国一の梨の産地。

さまざまな品種が栽培され、7月下旬〜8月中旬には「幸水」、8月下旬〜9月中旬

には「豊水」と、時期によっていろいろな味が楽しめます。

中でも、9月中旬〜10月上旬と、比較的収穫時期が遅い晩生(おくて)品種「新高」は1927(昭和2)年に命名された歴史ある品種。

それに代わるおいしい品種を新たに開発しようと、12年の歳月をかけて誕生したのが、新品種の「秋満月」です。

晩生品種の「新雪」と大玉の「かおり」の交配種「7-7」を、「豊水」に掛け合わせて生まれた「秋満月」。特徴は、1個700グラム以上と、ずっしりと大きな果実のサイズ。

 

ずっしりとした重量感も秋満月の魅力

▲1個あたりの平均重量は「幸水」の約2倍

 

それに加え、果肉が柔らかく滑らかな食感で、果汁もたっぷり。味わいは、酸味が少なく甘みが強いそうです。

 

ジューシーさが特徴の秋満月

▲とってもジューシー!

 

また、収穫後常温で28日ほどと、5日程度の「幸水」や18日程度の「新高」と比べて、日持ちがいいのもうれしいポイント!

 

愛称は真ん丸な満月をイメージ

愛称の「秋満月」は、おととしの9〜12月に公募し、寄せられた5715点の応募の中から、品種の特徴にマッチし、親しみやすさとインパクトがあるなどの理由から決定。

名前の由来は、「収穫の秋、満月のように大きく実った梨に、農家と消費者の喜びと感謝の気持ちを込めて名付けました」と県は発表しています。

 

秋満月の収穫時期は10月上旬まで

▲収穫時期は10月上旬まで

 

県内で広く栽培が始まっていて、市川市を中心とした東葛エリアでの栽培が多いとのこと。ただし、生産量がまだ限られているため、当面は生産者による直売所での販売がメインに。

その名の通り満月のように、たわわに枝に実る姿が美しい「秋満月」。

新たな秋の味覚として、千葉県民に広く愛される存在となりそうです。

 

【問い合わせ】

電話番号/043-233-3085 千葉県農林水産部流通販売課販売・輸出促進室

 

 

▼まだまだある!千葉県の梨
食べ比べ動画【豊水・豊華・あきづき・新高・かおり】(柏市産)編はコチラ!

関連するキーワード

この記事を書いた人

編集部 テラモト

編集/ライター。千葉市生まれ、千葉市在住のアラフォー。甘い物(最近は和菓子)とパンと漫画が大好き。土偶を愛でてます。私生活では5歳違いの姉妹育児に奮闘中。★Twitter★ https://twitter.com/NHeRl8rwLT1PRLB

編集部 テラモトの記事一覧へ

あわせて読みたい

このページのトップへ