ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

千葉市制100周年記念「マンホール蓋」5種類の個性豊かなデザインに注目!

1921年1月に千葉市が市制を施行して今年で100周年、いろいろなイベントや記念事業が計画され、デザインマンホール蓋の敷設もその一つです。

5種類の個性豊かなデザインに注目!

以前から市の鳥「コアジサシ」、花「オオガハス」、木「ケヤキ」のデザインの蓋は設置されていたが、100周年記念に話題となる蓋を付けようと発案されたもの。

当初は1月下旬から順次設置予定だったが緊急事態宣言が発出され、敷設は一時中止に。

7月に全ての種類の敷設が完了しました。

デザインは、「初音ミクのデザイン」「ちはなちゃんのデザイン」(2種)、「かそりーぬのデザイン」「かわうそ一家のデザイン」の5種類。

いずれのデザインも目につきやすいカラフルなもので、市内に1枚ずつ設置されています。

初音ミクデザインはマンホールカードも

市ではマンホールカードも発行しており、「初音ミクデザインマンホールカード」は、千葉市幕張観光情報センター(JR海浜幕張駅構内)で無料配布をしています。

市の担当者は、「昔は生活排水がそのまま海に流れ、汚染につながっていました。デザイン蓋をきっかけに、縁の下の力持ちである下水道に関心を持ち、水質の改善や水の重要性に気付いてもらえたら」と願いを込めました。(取材・執筆/ボノ)

千葉市制100周年記念「マンホール蓋」

詳しい設置場所は市のHPからも見られます

初音ミクデザイン

千葉市制100周年記念「マンホール蓋」初音ミクデザイン

以前から千葉市の市章と初音ミクがよく似ていると話題になり、平成29年に千葉市が初音ミクとコラボしたことなどから採用されました。

背景はオオガハスのイメージのピンク色で、周りはピアノの鍵盤をあしらっています。

設置場所/幕張メッセ幕張イベントホール前の歩道

ちはなちゃんデザイン蓋(1)

千葉市制100周年記念「マンホール蓋」ちはなちゃんデザイン蓋(1)

オオガハスをイメージした市のキャラクター「ちはなちゃん」と検見川の発掘記念碑を描いたデザイン。

設置場所/JR新検見川駅南口の階段を下りてすぐ

ちはなちゃんデザイン蓋(2)

千葉市制100周年記念「マンホール蓋」ちはなちゃんデザイン蓋(2)

「ちはなちゃん」と千葉公園内(千葉市中央区弁天3-1-1)にある蓮華亭を描いたデザイン。

設置場所/千葉公園内の蓮華亭付近

かそりーぬデザイン蓋

千葉市制100周年記念「マンホール蓋」かそりーぬデザイン蓋

平成26年に千葉市が世界に誇る加曽利貝塚のPR大使に任命されたキャラクター。

縄文時代中期の土器を頭にかぶり、「イボキサゴ」という貝の首飾りを着けたキュートな姿がマンホールに。

設置場所/モノレール桜木駅南側(1番出入り口付近)の歩道

かわうそ一家のデザイン

千葉市制100周年記念「マンホール蓋」かわうそ一家のデザイン

下水道の普及でよりきれいな川や海が復活することを願い、平成7年に市の下水道イメージキャラクターとなったかわうそ一家。

千葉みなとの町を背景に笑顔の一家がデザインされています。

設置場所/千葉みなと駅西口(海側)出入り口付近の歩道

千葉市下水道計画課
電話/ 043-245-5419

この記事を書いた人

ちいき新聞ライター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞ライターの記事一覧へ

あわせて読みたい

このページのトップへ