ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【富里市】富里特別支援学校中学部「高速道路の仕事を体験」

11月中旬、富里特別支援学校中学部で、体験学習が開催されました。

高速道路での非常電話の使用、レスキュー車や道路パトロールカー乗車など、中学生たちは目を輝かせて体験しました

富里特別支援学校中学部「高速道路の仕事を体験」
道路パトロールカー

久しぶりの体験学習

富里特別支援学校は、知的障害を主とした特別支援学校です。

小学部から高等部まであり、富里市、八街市などから約180人の子どもたちが通学しています。

同校は体験による学習を重視しており、以前から体験学習の機会を多く設けてきました。

しかし昨年以降、新型コロナの影響で開催できず。

今回は、生徒たちにとって久しぶりの体験学習となりました。

富里特別支援学校中学部「高速道路の仕事を体験」
レスキュー車の装備に見入る

積極的に参加。質問の事前準備も

この日開催されたのは、NEXCO東日本( 東日本高速道路株式会社)の協力による中学部対象の体験学習。

1年生から3年生まで、約40人の生徒が参加しました。

体育館で開校式の後、まずは旗振り体験。

交通管理隊の隊員によるお手本の後、希望者が体験しました。

学年が上がるに従い積極的に手が挙がります。

富里特別支援学校中学部「高速道路の仕事を体験」
旗振り体験

その後は非常電話を使い、かける側と受ける側それぞれを体験。

「どうされましたか」「火事です」「けが人は」など即興の掛け合いを笑顔で楽しむ姿も。

富里特別支援学校中学部「高速道路の仕事を体験」
非常電話体験

屋外に移動しての乗車体験では、サイレンを鳴らしてみたり、ハンドルを握ってみたり。

車の装備について隊員に熱心に質問する生徒もいました。

1時間ほどの体験終了後は、再び体育館に集まり、質問タイム。

あらかじめ質問を紙に書き用意していた生徒もおり、多くの手が挙がりました。

体験学習を通して学校への理解促進に

「体験学習は、地元の人に生徒たちを知ってもらう機会でもある」と教務主任の越川洋介教諭。

「学校や障害について知ってもらうことが、生徒たちにとって暮らしやすい社会になることにつながる。できないところではなく、いいところを見てほしい」と話しています。(取材・執筆/倫)

千葉県立富里特別支援学校

電話/ 0476-92-2100

この記事を書いた人

ちいき新聞ライター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞ライターの記事一覧へ

あわせて読みたい

このページのトップへ