ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

房総太巻き祭りずし~新たな文様の開発~

房総でおめでたい席や祝いの席に出される太巻きずし。

断面に出るきれいな文様が特徴です。

現在、その伝統を引き継いで、栄養士の龍崎英子さんが設立した千葉伝統郷土料理研究会がさらに斬新なデザインを考案しています。

取材執筆/ソバ

結婚式で食べた感動
各地を回って調査


▲デザインも豊富

太巻きずしは山武、東金、茂原、夷隅、市原、木更津などで作られてきた伝統料理。

かつては「おめでたい、はれの日」に男性が中心になって作っていましたが、戦後は農家などの主婦たちが作るようになったとわれています。

東京・日本橋生まれの龍崎さんは1955年に千葉市内の夫の実家で結婚式を挙げました。

その時に出されたのが太巻きずしだったそうです。

「チューリップのデザインで、斬新さに驚きました」と龍崎さんは語ります。

夫の母親の手作りで、その時の感動は今も忘れられないといいます。

栄養士として食事の改善などの指導で県内各地を回る機会を利用して、地域で作られてきた太巻きずしを調べようと思い立ったそうです。

訪れた地で現地の女性たちに太巻きずしを作ってもらい、メモをとる龍崎さん。

しかし、苦労したのはレシピ作り!

女性たちは具材の量や味付けは感覚で決めていたそうです。

「具材を手のひらにのせて、これくらいだ」と言われたそう。

手のひらの具材をスケッチして、自宅に戻って、それを再現して、グラム数を測ったそうです。

こうした取り組みの成果を全県的に普及しようと、千葉伝統郷土料理研究会を設立。

講師を育成して、各地で作り方を教える講習会を開催してきました。

多彩なデザイン
コンテストで新作も


▲著書を持つ龍崎英子さん

文様は実に多彩です。

梅、桜、椿、バラなどの花。

ウサギ、ブタ、パンダ、サルなどの動物。

寿、春、祝などの文字。

「美人ママ」や「うちのパパ」という顔の表現もあります。

同研究会は新作のコンテストも開催し、多くのアイデアが寄せられています。

太巻きずし作る際に注意する事として、龍崎さんはこう語ります。

「材料の重さなど、レシピを忠実に守って作ってください。感覚で作るのは禁物です」

そんな龍崎さんには『母と子の楽しい太巻き祭りずし作り方教室』(東京書店)などの著書が多数あります。

 

問い合わせ/043(234)7254 千葉伝統郷土料理研究会(杉崎方)

 

トップへ戻る

関連するキーワード

この記事を書いた人

ちいき新聞 レポーター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞 レポーターの記事一覧へ