ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロードは、地域の愛が作った遊歩道

木更津市馬来田地区の武田川沿いには、地元有志により作られ、守られている自然豊かな遊歩道があります。

「武田川コスモス・菜の花ロード」という名で知られるこの道に、今年も花の季節がやって来ます。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲菜の花と桜の競演
【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲入口の看板

雑木林を開墾して作った憩いの道

武田川コスモス・菜の花ロードがある武田川放水門付近は、かつて竹や杉が生い茂る雑木林でした。

遊歩道には、春は菜の花、秋にはコスモスが満開になるよう種をまき、川沿い200メートルに桜の苗木を植えました。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード

この活動をきっかけに「武田川コスモス・菜の花ロードの会」が発足。

会では今も美しい景観を守るため、春から秋には月に1回以上の草刈りを行い、また河川の清掃などさまざまな保全活動を行っています。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード

会は昨年11月、今年の春に向け菜の花の種まきを行いました。

27年前に植えられた桜は見事な桜並木となり、毎年菜の花と美しい競演を見せています。

今年の菜の花は生育が遅く、例年より満開の時期が遅れそうとのこと。

多彩な景色を見せるハイキングコース

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲高原のような景色

会の活動は、さまざまな賞を受けるなど広く評価され、遊歩道は県内外からも人が訪れる人気のハイキングコースとなっています。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲奥深い森に迷い込んだよう
【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲有志が設置した万葉の歌碑を見ながら

会員の小倉さんは「ここに訪れたら、ぜひ『いっせんぼく』まで足を運んでほしいです」と話します。

いっせんぼくとは、遊歩道の先にある湧水地で、その昔、一千もの清水が「ぼくぼく」と湧き上がっていた様から名付けられたといいます。

いっせんぼくまでの道には湿原にしか生えない「ハンノ木」や「つり舟草」などの珍しい植物なども生息し、約1キロの行程ながら里山、アシ原、湿原と、多彩な景色を見せてくれます。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲ハンノ木湿原の木道を行く

湿原に掛けられた木道もまた、有志によって作られたもの。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲いっせんぼく

「自然の中の道なので、けがのないよう散策を楽しんで」と小倉さん。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲いっせんぼくからの清流

コスモスの見頃は9月下旬から10月。

地元の人々に育まれた遊歩道は、四季折々の自然を見せ、人々を癒やしてくれるでしょう。

【木更津市】武田川コスモス・菜の花ロード
▲コスモスの季節も美しい

問い合わせ/ 0438-22-7711

木更津市観光案内所

この記事を書いた人

48歳で普通自動二輪免許を取得したへっぽこアラフィフ主婦ライダー。千葉は魅力的なライディングスポットがたくさん!取材と称してソロツーを楽しんでいます。【ブログ】https://ameblo.jp/ohana-hann/

花の記事一覧へ

あわせて読みたい