ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【鎌ケ谷市】保坂樹奈さん~全国少年少女レスリング選手権大会3連覇の最強女子!

2021年11月、熊本県で行われた第38回全国少年少女レスリング選手権大会。

女子の部6年生49㎏級で優勝し、同大会3連覇を果たした保坂樹奈さん(鎌ケ谷市立道野辺小学校6年)を取材しました。

保坂樹奈さん
写真提供/日彰スポーツ通信

母親に誘われて始めたレスリング

幼稚園の年中からレスリングを始め、現在7年目の樹奈さん。

保坂樹奈さん

普段は鎌ケ谷市を中心に活動する、小玉ジュニアレスリングクラブに通っています。

小玉ジュニアレスリング
小玉ジュニアレスリングクラブの練習の様子(鎌ケ谷市立中部小学校体育館)

代表の小玉さんは樹奈さんについて、「言われた事をよく聞いて、丁寧にやる子」と言います。

始めた頃は負けてばかり。

地道に練習を続けるうちに、小3くらいからだんだん勝てるようになり、「もっと強い子に勝ちたい」と思うようになったそうです。

クラブでの地道な練習が強さの原動力

鎌ケ谷市立中部小学校体育館での練習を見学させてもらいました。

小玉ジュニアレスリングクラブ
児童と保護者らが協力してマットをセッティング

初めに1時間くらいかけて、入念なストレッチと体幹トレーニングを行います。

これをしっかりやることで、けがの予防にもなるそうです。

続くマット運動では、三点倒立やバック転などのメニューも。

子どもたちの体の柔らかさ、使い方のうまさに思わず目を見張りました。

こまめに休憩を挟みますが、子どもたちはほぼ動き通し。

強じんな体力はこうして養われるようです。

その後、打ち込み(相手を倒したり、倒されないようにする練習)、スパーリング(試合形式で行う練習)と続きます。

小玉ジュニアレスリングクラブ
練習の様子

レスリングは学年別、体重別で行われる競技。

しかしクラブには樹奈さんと体格の合う練習相手がいないので、他のクラブに稽古に行くこともあるそうです。

小玉ジュニアレスリングクラブの練習は土・日・祝日の午後1時半から午後5時までですが、レスリング以外に柔道や絵も習っている樹奈さん。

とにかく忙しい毎日です。

小学校卒業後は新たなステージで

保坂樹奈さん
全国少年少女ジュニアレスリング大会の様子 写真提供/日彰スポーツ通信
保坂樹奈さん
3連覇を達成した樹奈さん 写真提供/日彰スポーツ通信

目標は東京2020金メダリストの須﨑優衣選手。

「圧倒的な強さと礼儀正しいところが好き」だと言います。

勝つために目の前の試合に全力を尽くすという樹奈さん。

今後はレスリングの強豪校への進学を考えているそうです。

保坂樹奈さん
共にレスリングクラブに通う弟の彪悟君(小4)と二人で獲得してきた自宅のメダル

父の良仁さんは、「最後まで諦めないところが彼女の一番の強さ」と話し、樹奈さんを全面的にサポート。

母の香奈子さんはレスリングの審判資格カテゴリー1(※最上級の資格)を取得しており、専門知識を持って娘を支えています。

若い才能が、鎌ケ谷から大きな未来へと羽ばたいていきます。(取材・執筆/まる)

小玉ジュニアレスリングクラブ
電話/ 047-443-5355
Facebook/https://m.facebook.com/kodamajwc/

この記事を書いた人

ちいき新聞ライター

地域に密着してフリーペーパー「ちいき新聞」紙面の記事を取材・執筆しています。

ちいき新聞ライターの記事一覧へ

あわせて読みたい

このページのトップへ