ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

今注目のパン!マリトッツォ&マヌルパンが食べられる千葉県のパン屋さん4選

今、注目を集めている「マリトッツォ」と「マヌルパン」。

マリトッツォとは、パンにたっぷりのクリームが挟んであるイタリア発祥の伝統菓子。コロンとしたフォルムが可愛らしいスイーツパンです。

一方、マヌルパンは韓国の屋台人気グルメの1つ。「マヌル」とは、日本語で「にんにく」を表します。ガーリックバターの香りがたまらない惣菜パンです。

千葉県内でマリトッツォやマヌルパンが買えるお店をご紹介します!

【成田市】パティシエが作る食パン専門店 成田パンのマリトッツォ「ラビトッツォ」3種

2021年3月にオープンの食パン専門店「成田パン 東町工房」。パティシエの考案した生食パンが看板メニューのお店です。今、売れているマリトッツォがあると聞いて行ってきました。

【成田市】パティシエが作る食パン専門店 成田パン 東町工房

成田パンのマリトッツォは、断面がうさぎの耳のようになることから、「ラビトッツォ」と名付けられています。多い日には60個以上売れる人気商品。ピスタチオと苺とミルクリームの3種類があります。

マリトッツォの1番人気は苺で、特に小さいお子さんから大好評なのだそうですよ! 価格は、苺が480円、ピスタチオが550円、ミルクリームが450円です。

【成田市】パティシエが作る食パン専門店 成田パンのマリトッツォ「ラビトッツォ」3種
マリトッツォ「ラビトッツォ」3種(苺、ピスタチオ、ミルクリーム)

成田パンのマリトッツォは全て冷凍で、解凍時間によって食感や甘さの違いが楽しめます。

店長の海保さんおすすめの食べ方は、「ボリュームがあるので、始めはアイスのように食べて、徐々に解凍しながら、変化を楽しみつつゆっくり味わってほしい」とのこと。目安ですが室温22度の場合、1時間半くらいで全解凍になるそうです。

おすすめのマリトッツォがこちら。

【成田市】パティシエが作る食パン専門店 成田パンのマリトッツォ「ラビトッツォ」ピスタチオ
ピスタチオ

ピスタチオのマリトッツォです。ピスタチオペーストは、世界一と名高いマルコ・コルツァーニ氏のものを使用。ナッツの香ばしさが楽しめ、濃厚で贅沢な味わいになっています。

他にも、カスタードクリームやビタータイプのチョコレートが入っています。パティシエだからこそできる、素材を活かしたマリトッツォなのです。

【成田市】パティシエが作る食パン専門店 成田パンのマリトッツォ「ラビトッツォ」ピスタチオ断面
確かにうさぎの耳のようで断面までかわいいですね!

実際に食べてみると、パン生地に塩味がきいていて、クリームとの相性がバッチリ。パンの大きさとクリームの量のバランスがちょうどよく、中に入っているチョコレートのパリパリ食感がアクセントになっていておいしかったです。

【成田市】パティシエが作る食パン専門店 成田パン 東町工房「食パン6種」

石川県金沢市に本店がある「パティシエパン」。千葉県初のお店が「成田パン 東町工房」です。高級食パンは全部で6種類、生食パン、焼き食パン、チーズ、チョコ、小豆、レーズンがあります。

「生食パンはハチミツや練乳の甘味があり、まずはそのままちぎって食べてほしい」と店長の海保さんは話します。出来立ては、プリンのようにプルプルしているそうですよ!

成田パン 東町工房
住所/千葉県成田市東町157-12クローバービル1階
営業時間/10時~売切次第閉店
定休日/木曜日
電話/ 0476-36-8666
Instagram/@narita.pan.azumachokobo

【千葉市花見川区】JIROのパン工房で人気のメロンパンがマリトッツォに♡

「JIROのパン工房」を営む中野元好さんは、千葉市内のパン屋さんに生まれました。千葉市花見川区に自分のお店を持ち、店名にお父様の名前を付けたという中野さん。「地域のお客様に喜んでもらえればそれでいい」と、ただ純粋にお客様がおいしいと感じてくれるパン作りを追求しています。

【千葉市花見川区】JIROのパン工房
毎日40種類以上のパンを焼いています

「JIROのパン工房」の人気商品は、ほんのり甘くてふわふわしているメロンパン。ビスケット生地の上には、ザクザクとした食感が楽しめるようザラメがトッピングされています。

【千葉市花見川区】JIROのパン工房で人気のメロンパン
ザクッとザラメロン176円

そんな大人気メロンパンが、チョコレートクリーム&マロンのマリトッツォに変身! Instagramで投稿後、問い合わせが多くあったそうです。

「マリトッツォは、SNS映えするようボリュームを出しました。ボリュームがある分、甘すぎないようホイップは軽めにしています。チョコとマロンの相性もバッチリですよ」と人気の秘密を教えてくれました。

【千葉市花見川区】JIROのパン工房・人気のメロンパンのマリトッツォ
マリトッツォ

他にも、菓子パンの中にクリームを入れたり、トッピングをチョコチップにしたり。さまざまなバージョンがあるそうです。マリトッツォは、お客様に喜んでいただけるうちは提供していくとのこと。小さいお店だからこそできることなので、柔軟に対応していきたいと店主の中野さんは話します。

メロンパン×チョコ&マロン
メロンパン×チョコ&チョコチップ
菓子パン×チョコ&マロン
菓子パン×チョコ&チョコチップ
などなど…

どの種類が店頭に並ぶかは、当日のお楽しみ! 価格は全て324円です。

【千葉市花見川区】JIROのパン工房で人気のメロンパンがマリトッツォに♡
駐車場は、お店の前と隣に18台分あります

店内には、自家製アップルパイや本格派のフランスパン、レーズンがたっぷり入ったレーズンブレッド、具だくさんサンドイッチなど、気になるパンがズラリと並んでいます。

また、JIROのパン工房の店主の中野さんは、兄弟漫才コンビの某芸人さんにそっくり!?と多数のメディアで注目の人。お店を訪れたときは、パンと店主の中野さんをチェックしてみてくださいね。

JIROのパン工房
住所/千葉県千葉市花見川区畑町432-1-101
営業時間/平日9時~、土日祝8時~
定休日/木曜日
電話/ 043-445-8775
Instagram/@jiro_pan

【松戸市】サフラン常盤平店のパンは200種類以上!ガーリック香るマヌルパンが絶品

千葉県内に9つの店舗を持つ石窯パン工房サフラングループ。今回は、新京成電鉄 常盤平駅から徒歩3分、桜並木で有名な通り沿いにある「サフラン常盤平店」を取材しました。店内のパンは200種類以上! バリエーション豊富であることが、サフラン常盤平店の強みと店長の寺嶋さんは話します。

【松戸市】サフラン常盤平店の店内
天井が高く、明るい店内

店内は、店長の寺嶋さんやスタッフさんたちのアイデアから生まれたパンが勢ぞろい。スタッフさんそれぞれが好きなパンや気になるパン、流行のパンなどを提案し作っています。今回、ご紹介するマヌルパンもその一つ。スタッフさんがテレビやSNSで話題になっているのを見て作り始めたのがきっかけだったそうです。

サフラン常盤平店のマヌルパンはこちら。

【松戸市】サフラン常盤平店のパンは200種類以上!ガーリック香るマヌルパンが絶品
休日になると80個以上売れるマヌルパン

店頭に出すと、早々に売れていくマヌルパン。流行りだから売れているのではなく、お店に来たとき「また新商品がでたの?気になる!」そんな感覚で買われるのではないかと寺嶋さんはいいます。

マヌルパンの中には、クリームチーズ、ガーリックバター、そして真ん中にマヨネーズが入っています。韓国のマヌルパンはクリームチーズが甘めですが、サフラン常盤平店は日本人の口に合うように甘さは控えめにしています。

【松戸市】サフラン常盤平店のパンは200種類以上!ハニートーストとマヌルパン
(左)ハニートースト237円、(右)マヌルパン183円

サフラン常盤平店の人気商品は、「ハニートースト」。マヌルパンの隣にありました!ハニートーストは、生食パンにハチミツとバターをキャラメリゼしてコーティングしたもの。実際に食べてみると、外はカリカリ、中はふわじゅわっとして、ハチミツやバターのおいしさが感じられる絶品でした。

【松戸市】サフラン常盤平店のパンは200種類以上!

ケーキや和菓子の種類も豊富です。子どもに人気のキャラクターパン、サンドイッチ、バゲット、食パンなど、たくさんの中から選べる楽しさがあります。店長の寺島さんは、「夕方、パン屋さんに行ったときに選択肢が少ないと自分が悲しいから」と、いつの時間帯もお客様に喜んでいただけるよう工夫しています。

【松戸市】サフラン常盤平店のパン
2000年にオープン。5年前に建て直しリニューアルしました

寺嶋さんは、「お店は、駅前にありますが、近所の方の利用が圧倒的に多いです。これからも変わらず、期待に応えられるようにどんどん新しいものを取り入れていきたい」と話してくれました。

サフラン 常盤平店
住所/千葉県松戸市常盤平3-9-3
営業時間/6:30~19:30
定休日/第一・第三火曜日
電話番号/ 047-311-9931
駐車場/16台
HP/https://saffron-pan.jp/s_tokiwadaira.html
Instagram/@saffron3119931

【市川市】ヤマザキ創業の地にある山崎製パンの直売店「ヤマザキプラザ市川」のマヌルパン

JR市川駅の北口を出てまず目に入るのが、誰もが知るあの「ヤマザキパン」の看板とビル。テレビCMでもお馴染みですね。山崎製パン株式会社は、現在東京都に本社を置く、日本最大の製パン企業です。そのヤマザキパンの生誕の地が千葉県市川市にあります。

創業者の飯島藤十郎氏が1948年に市川市でパンの製造を開始。翌年には和菓子、その翌年には洋菓子の製造を開始しています。創業35年目に今の市川駅前にビルを建て、2009年に1階フロアを改装し「ヤマザキプラザ市川」が誕生しました。

【市川市】ヤマザキ創業の地にある山崎製パンの直売店「ヤマザキプラザ市川」のご当地ランチパック
ヤマザキパンの人気商品「ランチパック」。常時30~35アイテムが取り揃っています!

ヤマザキプラザ市川店の店長 植木さんは、「ヤマザキパンがここまで成長できたのは、市川市民の皆様にご協力をいただけたからこそ。恩返しをさせていただきたい、そのような感謝の気持ちを大切に営業しています。また、ヤマザキプラザ市川では親切で丁寧な接客を心掛けています」と話します。

そんなヤマザキプラザ市川のマヌルパンがこちら。

【市川市】ヤマザキ創業の地にある山崎製パンの直売店「ヤマザキプラザ市川」のマヌルパン
甘じょっぱい味がたまらない!マヌルパン160円

クリームチーズとガーリックバターとの相性がバッチリの惣菜パン。甘じょっぱく、やみつきになる味です。たっぷりとしみ込んだガーリックバターの香りが食欲をそそります。

「マヌルパンはガーリック系のパンなので、時と場所に応じて食べてください。多くの人が行き交う駅前のパン屋さんなので、マヌルパンのガーリックバターはやや控えめにしていますが、十分にご注意くださいね」と植木さん。

【市川市】ヤマザキ創業の地にある山崎製パンの直売店「ヤマザキプラザ市川」のマヌルパンの断面
マヌルパンの中にはクリームチーズがたっぷり!

※マヌルパンの販売終了時期は2021年10月現在未定。気になる方は早めのチェックがおすすめです。

【市川市】ヤマザキ創業の地にある山崎製パンの直売店「ヤマザキプラザ市川」店内
食パンだけでも7種類!

ヤマザキプラザ市川の焼きたてパンは全部で75種類あります。一番売れているのは食パン(モーニングブレッド1斤206円)で、小麦の味を最大限に引き出している人気のパンです。他にも、そのまま食べてもおいしい生食パン(絹密1斤580円)などがあります。

【市川市】ヤマザキ創業の地にある山崎製パンの直売店「ヤマザキプラザ市川」

ヤマザキプラザ市川の1階フロアは、焼きたてパンコーナーの他、ケーキや焼き菓子などを販売している洋菓子コーナーや、人気の大判焼きや豆大福などが並ぶ和菓子コーナー、ヤマザキパンの人気商品などを扱うコーナーが入っています。入り口左手には、カフェスペースも。コーヒーや紅茶、ジュースなどのドリンクも注文できます。

ヤマザキプラザ市川
住所/千葉県市川市市川1-9-2 サンプラザ35ビル1F
営業時間/7:00〜21:00(月~土)、7:00〜20:00(日・祝)
※緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が発令している期間は時短営業しています。営業時間はお電話でご確認ください
電話番号/ 047-369-6338
定休日/元日(1月1日のみ)
HP/http://www.yamazakiplaza.co.jp/index.html
オンラインショップ/https://www.rakuten.co.jp/yamazakiplaza/

関連するキーワード

この記事を書いた人

編集部

千葉・埼玉県在住の編集メンバーが、地域に密着して取材・執筆・編集しています。明日が楽しくなる“千葉・埼玉情報”をお届けします!!

編集部の記事一覧へ

あわせて読みたい

このページのトップへ